実習生を受け入れている施設職員を対象に、指導者育成目的の研修会です。「介護の基本」や「スーパービジョンの意義と活用及び学生理解」等を学び、修了者には厚生労働大臣の定める研修を修了したことを認める修了証書を発行いたします。それにより実習指導者として登録されることとなります。
様々な介護技術を知り、体験することで利用者・介護者双方にとっての安全・安楽・安心な介護技術の習得を目指します。
基礎的な業務に習熟した介護職員を対象として、適確な判断、対人理解に基づく、尊厳を支えるケアが実践でき、小規模チームのリーダーや初任者等の指導係として、任用する事を期待できるレベルの視点や、技術を要する職員の育成を目的としている研修会です。
宮崎県介護福祉士会では、各分野の講師をご要望に応じてあなたの職場に派遣し、講義を行います。職場内での研修に役立ててみませんか!?
県北・県中・県南の各ブロックごとに、地域で求められている知識・技術を加味しながら会員及び関係者をお招きし研修会を開催致します。
2021.05.24
令和3年度研修事業について
令和3年度研修会については、順次「研修のご案内」ページにおいてお知らせ致します。 会員の皆様、関係者の皆様に予め郵送しております各研修の開催要綱については、大変申し訳ございませんが、コロナウイルスの感染対策に伴い、中止・日程の変更等の可能...

この記事を読む